まずは固定費メモから…「ゆるゆる家計簿」で家計を可視化

公開日: 更新日:

 家計を把握する最良の手段は何か。それは家計簿をつけることだ。毎月の収入と支出、貯蓄額を“見える化”することで、今の生活が良いのか悪いのかが浮かび上がってくる。家計を見直す、立て直すきっかけになる。

 しかし、家計簿は費目ごとに毎日欠かさずつけなければならない。それが面倒で、家計簿への記入が長続きしないという家庭も多い。

「結婚を機に家計簿をつけ始めましたが、途中で挫折しました。共働きで家計に余裕もあったことで、それからは家計簿をつけずにいました。家計に余裕があったときは、貯蓄もしていました」

 そう話すのは、福岡県に住む大村英子さん(39)だ。家計簿への記帳に挫折してからは、共働きの夫婦2人の大まかな収支しかわからなかった。

「このままでは将来お金に困らないかという不安はありました。それが強まったのは妊娠がきっかけ。将来のために、しっかりお金を貯めよう。そのためには、我が家の家計をきちんと知っておこうと思ったのです」(大村さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る