半導体事業縮小で生き残り賭け…パナソニックと東芝を比較

公開日: 更新日:

 パナソニックと東芝といえば、電気機器のライバル企業。

 しかし、かつて7兆円を超した東芝の売上高は半減しており、虎の子の半導体事業を米共和党系の投資会社を中心とした企業連合に売却し、経営再建中です。

 パナソニックも最近、ロームに半導体の一部を売却しました。両社の社員待遇はどうなっているのでしょう。

 パナソニックは、大阪府門真市に本拠を置く電機メーカーです。白物家電から住宅、車載分野まで多くの事業部で構成されています。業界では日立、ソニーに次いで3位を死守しています。

 対する東芝は、不正会計以降は経営危機が続き、7位まで下がっています。売却した半導体部門は10月をもって東芝グループから正式に離脱。安倍政権はなぜかこのタイミングで韓国の半導体材料輸出規制を始めます。サムスン電子の事業に影響を与えるため米投資会社は濡れ手で大きな利益を得られるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る