【自由が丘デパート編】コワモテ主人の小料理屋の居心地

公開日: 更新日:

 自由が丘のシンボルといえば「自由が丘デパート」。駅正面口の目の前にあるのにさほど存在感がないのは、昭和28年の創業以来、街の風景の一部だからだろう。

 1階は金物店や総菜店など生活用品売り場。地下1階は趣味の専門店街。2階と3階が飲食店街だが、本連載読者なら3階へ直行したい。廊下の両側に整然と居並ぶスナックや小料理屋は昭和の薫りプンプンだ。かつてはこの3階が屋上で、ローラースケート場があったそうな。

 さて、どこに入るか。いきなりカラオケスナックは、早いか。ハンガリー料理も唐突過ぎる。小料理「座頭市」――。何ィ? いかにもな名前だが、こういう店が一番当たりだったりする。エイや! 経験と勘を信じて引き戸を開けた。

 のれんをくぐると、中はこれまた昭和の居酒屋風。カウンターの中にはかっぷくのいい五分刈り頭のマスターが。まるで勝新。だから座頭市?

「はは、話すと長いんだけど、まあそんなもんだよ」とご主人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る