【雑司が谷編】鬼子母神の参道から飲み屋ならぬノミ屋?

公開日: 更新日:

 その駅で降りようと思ったのは、ただの気まぐれだった。雑司が谷。通勤で副都心線を使う自分にとっては、ただの急行通過駅。だけどその夜はなぜか、そこで一杯飲んで帰りたいと思ったのだ。

 地上に出ると、そこは都電荒川線。踏切を渡ると、すぐに鬼子母神の参道があった。古い石畳に大きなケヤキの木。祭事が近いのか家々の玄関に灯籠がともる。

 参道の突き当たりでふと見つけた不思議な店。いや、最初は民家か事務所だと思った。だって屋根に「辻会計」と看板が。しかし、窓から中を見ると、酒瓶が並び、人の気配もある。壁掛けテレビには競馬チャンネルの馬柱。

 え、飲み屋じゃなくてノミ屋? 混乱したが、いざとなれば、“間違えました~”と出てくればいい。腹をくくって扉を開けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る