【武蔵境駅編】南口の狭い路地でみつけた怪しげなバー

公開日: 更新日:

 緑が多いJR武蔵境駅北口駅前には、昭和な商店街“すきっぷ通り”がある。飲み屋はあるけど、チェーン店が多いかしら。

 そんな商店街から一本、小金井寄りの通りへ。ポツポツと飲み屋が見える通りの駅寄りの狭~い路地に、地元の飲んべえが集まる居酒屋「N」が。正面に寿司屋があり、その上に飲み屋らしき看板が見えた。どんな店か気になり、エレベーターで2階へ。降りると店内が見えない飾り気のないドアがズシリと閉まってた。ちょっとドキドキしながら重いドアを開けた。

 和味彩「Y」は料理人歴35年の親方が営む会席料理店。旬の食材を豊富に用いた逸品料理が手頃に味わえるとあって、都内からわざわざ通う常連も多いみたいよ。

「ディープな店なら南口にありますよ」

 カウンターで一人、マツタケの土瓶蒸し(1500円)に舌鼓を打っていた年配に教えられ店を後に。

 駅南口を出てすぐ右手、小金井方面に延びる狭い路地は個人経営の飲み屋が並んでいたわ。その中の一軒、赤提灯「T」はあの詩人の酒場ライターも来店したんですって。創業50年以上の老舗とあって、暖簾の向こうは中高年の酔客がひしめいてたわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る