池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

冬こそスリーピーススーツを 上着を脱いでも礼を失しない

公開日: 更新日:

 フランネルのスリーピーススーツにマフラーと手袋さえあれば、駅まで10分の距離を歩くぐらいなら、寒さなんて何のその。ジャケットの中にベストを着ると、温かい空気の層がつくられるため、都会の冬ならセーターやヒートテックどころか、ダウンコートなど分厚いアウターは不要だ。 

 言うまでもなく、スリーピースには「格上の印象」がある。役職はもちろん、社会的ステータスの高い職業の人が着るスーツというイメージがあり、フレッシャーズなど若いサラリーマンには不釣り合いに思われ、会社で着るのを遠慮してしまいがちだ。しかし冬のスリーピースが意外と温かいことを知っているのは、こういった社会的ステータスの高い人々に限られる。 

 イギリス発祥の近代スーツはジャケット、ベスト、パンツの三つ揃えが正式である。

 ベストを脱いだのは、実用主義を貫く20世紀のアメリカ人だ。ジャケットさえ着ていれば、ベストがなくても見た目にそれほど変わらず、普段からTシャツ姿がアタリマエのお国柄ならば、ワイシャツ姿が失礼などとはみじんも思わないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る