池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

冬こそスリーピーススーツを 上着を脱いでも礼を失しない

公開日: 更新日:

 フランネルのスリーピーススーツにマフラーと手袋さえあれば、駅まで10分の距離を歩くぐらいなら、寒さなんて何のその。ジャケットの中にベストを着ると、温かい空気の層がつくられるため、都会の冬ならセーターやヒートテックどころか、ダウンコートなど分厚いアウターは不要だ。 

 言うまでもなく、スリーピースには「格上の印象」がある。役職はもちろん、社会的ステータスの高い職業の人が着るスーツというイメージがあり、フレッシャーズなど若いサラリーマンには不釣り合いに思われ、会社で着るのを遠慮してしまいがちだ。しかし冬のスリーピースが意外と温かいことを知っているのは、こういった社会的ステータスの高い人々に限られる。 

 イギリス発祥の近代スーツはジャケット、ベスト、パンツの三つ揃えが正式である。

 ベストを脱いだのは、実用主義を貫く20世紀のアメリカ人だ。ジャケットさえ着ていれば、ベストがなくても見た目にそれほど変わらず、普段からTシャツ姿がアタリマエのお国柄ならば、ワイシャツ姿が失礼などとはみじんも思わないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る