東出謝罪の裏に証拠あり?不倫調査で探偵を選ぶコツと料金

公開日: 更新日:

 不貞とは配偶者以外の異性と性的な関係を結ぶこと。これを行った場合、他方の配偶者が離婚の訴えを提起できる(民法770条1項1号)。しかし、裁判等では訴えた側が不貞の立証を行わなくてはならない。そこで利用されるのが「探偵・興信所」だ。どんな基準で選べばいいのか?

 ◇  ◇  ◇

 潔いと言えば聞こえがいいが、ここまで全面謝罪というのはかなり奇妙でもある。おしどり夫婦と呼ばれた東出昌大(32)と杏(33)が別居、その原因が唐田えりか(22)との不倫にあると報じられた直後、東出の所属事務所は「東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄」とコメント。一方の唐田も事務所を通じて「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」と反省の弁を述べている。

 これまでにも芸能界では不倫が数多くあったが、当事者が一切言い訳をせず、全面敗北の形で非を認めるというのはかなり異質なケースである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る