精子の異常も改善 茶葉との融合でとんでもない効果が

公開日: 更新日:

 これまで驚くべき麹(こうじ)の力を数多く紹介してきた。例えば特製麹ドリンクによりNK細胞が増殖して前立腺がんが消滅――麹から抽出した麹水により制御性T細胞が増えて毛根が再生――実はこの2つのエピソードに使われた麹はそれぞれ微妙に違う。NK細胞が増殖した麹ドリンクは「米麹」、制御性T細胞は「茶麹」なのだ。

 と言っても一般の人には“ナンノコッチャ”だろう。簡単に言うと麹をつくる際のエサが違うのだ。麹は麹菌という微生物であり、生き物である以上成長するには栄養が必要。一般には蒸した米を使う(これが米麹だ)が、米の代わりに茶葉を用いたのが茶麹である。それを初めて成功させたのが、焼酎用の種麹メーカー「河内源一郎商店」3代目の山元正博である。

 きっかけは10年前のことだ。宮崎の養豚家から一本の電話が入った。近所の茶飲料工場からタダで手に入れた茶カスを豚のエサに使ったところ、茶葉の強い刺激で豚が胃潰瘍になり、次々と死んでしまった。しかし茶葉は安いからエサに使いたい。何とか無毒化できないかという相談だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷