足利市山火事はハイキングが原因か 栃木県でワースト3番目

公開日: 更新日:

 栃木県足利市の山火事は約100ヘクタール(25日午後3時時点)を焼き尽くした。火事は21日に確認。もう5日目だ。

「連日、空からの放水を続けていますが、23日は午後からの強風で中止するなど、天候の悪影響も受けています。25日午前で207世帯(414人)に避難勧告を出しました。雨が降れば鎮火の見込みもありますが、天気予報によると次の降雨は来週火曜(3月2日)のようです」(栃木県消防防災課)

 足利市は群馬県に近いため、この時期は乾燥した強風の「赤城おろし」が吹く。今の風が火を拡大させた上に、ヘリから散布する水を霧状にして鎮火を妨害している。

 栃木県では過去に大規模な山林火災が2度起きている。最大は1977年に那須郡黒羽町(当時)で起き、1517ヘクタールを焼き尽くした。次は73年に安蘇郡葛生町(同)で起きた火災で171ヘクタールが燃えた。原因は前者は「放火」、後者は「マッチの投げ捨て」と記録されている。現在の火事はこれに続く規模で、さらに被害が拡大するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る