渡韓した日本人信者が口にした教団批判 現在の合同結婚式はマッチングアプリと化している

公開日: 更新日:

 京畿道加平郡にある旧統一教会の本部では、韓国に住む日本人の男性信者に会い、周辺の施設を案内してもらいながら話を聞いた。

 男性は1980年代に日本で入信し、その後に渡韓。教団の関連団体に所属するなどして、生活を送っている。合同結婚式で韓国人の女性と結ばれ、子どもを含めて家族全員が信者だという。

 男性は、日本で合同結婚式や高額献金が問題とされていることに対し「強制されることはなく、結婚の相手が嫌であれば断れるし、献金も自発的な意思に基づいている」と反論した。

 合同結婚式は、現在はマッチングアプリのようなシステムで相手を選ぶ形になっており、「より理想的な形での出会い」が可能になっていると説明する。

 教団のあり方が批判されている現状に対しては「日本は、信教の自由がない全体主義国家になってしまったのか」と強い不満を示したが、一方で「教団内部にはびこっている問題も少なくない」とも話す。その「問題」とは「献金主義と見せかけの成果主義だ」と言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  2. 2
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

  5. 5
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  1. 6
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 7
    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

  3. 8
    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

  4. 9
    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

  5. 10
    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声

    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声