祝辞の言い回しにもマナーが 「LGBTブライダル」の基礎知識

公開日:  更新日:

 部下の結婚式に出席するのも上司の務めのひとつ。招待状をもらい、「古畑クンも、いよいよ年貢を納めたか」と目尻を下げて披露宴会場に向かったが、何か微妙な違和感が……。

 LGBTという言葉をよく聞くようになった。LGBTとは、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性的不一致)の頭文字を取ったもので、日本人に占める割合は7.6%(電通ダイバーシティ・ラボ調べ)とされる。

 全国の佐藤姓(1.6%)に比べて断然多く、どの職場でも身近な存在になりつつある。参考までに10月11日は、“カミングアウトデー”だ。

 そして、「結婚適齢期」と定義される20~34歳だけでも、LGBTは約160万人。今年3月に東京都渋谷区で成立した「同性パートナー条例」が追い風となり、同性同士で結婚式を挙げたいというカップルも増えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る