祝辞の言い回しにもマナーが 「LGBTブライダル」の基礎知識

公開日: 更新日:

 部下の結婚式に出席するのも上司の務めのひとつ。招待状をもらい、「古畑クンも、いよいよ年貢を納めたか」と目尻を下げて披露宴会場に向かったが、何か微妙な違和感が……。

 LGBTという言葉をよく聞くようになった。LGBTとは、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性的不一致)の頭文字を取ったもので、日本人に占める割合は7.6%(電通ダイバーシティ・ラボ調べ)とされる。

 全国の佐藤姓(1.6%)に比べて断然多く、どの職場でも身近な存在になりつつある。参考までに10月11日は、“カミングアウトデー”だ。

 そして、「結婚適齢期」と定義される20~34歳だけでも、LGBTは約160万人。今年3月に東京都渋谷区で成立した「同性パートナー条例」が追い風となり、同性同士で結婚式を挙げたいというカップルも増えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る