祝辞の言い回しにもマナーが 「LGBTブライダル」の基礎知識

公開日: 更新日:

 部下の結婚式に出席するのも上司の務めのひとつ。招待状をもらい、「古畑クンも、いよいよ年貢を納めたか」と目尻を下げて披露宴会場に向かったが、何か微妙な違和感が……。

 LGBTという言葉をよく聞くようになった。LGBTとは、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性的不一致)の頭文字を取ったもので、日本人に占める割合は7.6%(電通ダイバーシティ・ラボ調べ)とされる。

 全国の佐藤姓(1.6%)に比べて断然多く、どの職場でも身近な存在になりつつある。参考までに10月11日は、“カミングアウトデー”だ。

 そして、「結婚適齢期」と定義される20~34歳だけでも、LGBTは約160万人。今年3月に東京都渋谷区で成立した「同性パートナー条例」が追い風となり、同性同士で結婚式を挙げたいというカップルも増えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る