福祉で注目の“射精介助” サービスの狙いを代表者に聞いた

公開日: 更新日:

「射精介助」というサービスをご存じか。自力での射精が困難な男性身体障害者に対し、介護スタッフが射精を介助すること。あくまでも福祉業界のサービスで、介護用手袋をしたスタッフが陰部を刺激して、射精をうながすという。

 日本で(おそらく世界でも)唯一のサービスを行っているのは、新潟にある一般社団法人「ホワイトハンズ」。なぜ始めたのか。代表の坂爪真吾氏が言う。

「自慰行為は、男性にとって心身の健康を維持するために必要なこと。健常者ならいつでも、どこでも無料でできますが、障害がある方は、なかなかできません。人によっては、一生射精できずに終えることもあります。男性の“最低限の性に関する健康と権利”を守る仕組みが必要だと考え、立ち上げたのです」

 サービス開始は2008年。東北や関東、北陸、東海、近畿の5エリアで600人ほどが利用している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る