• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰のための受動喫煙対策か<下>

 健康増進法改正案には、急速に普及が進む加熱式たばこも規制対象に含まれている。しかし、加熱式たばこについては受動喫煙による健康影響を示す明快なデータがない。厚労省も「現時点までに得られた科学的知見では、加熱式たばこの受動喫煙による将来の健康影響を予測することは困難」「副流煙はほとんど発生しない」とホームページ(HP)上に記載している。

 そこで厚労省は加熱式たばこの“有害性”を強調するために、主流煙に含まれるニコチンを“攻撃材料”に持ち出してきて、ニコチン濃度を国立がん研究センターに委託して測定した実験結果(換気のない狭い室内で喫煙)をHP上に公開。「紙巻き1000~2420μグラム/立方メートル」「加熱式たばこ26~257μグラム/立方メートル」という数値を示したのだ。

 このデータについて本紙は3月1日付で「厚労省データ ニコチン濃度測定結果に大いなる疑問」と指摘した。紙巻きについて見ると、過去のIARC(国際がん研究機関)の公表データ「室内環境中ニコチン濃度は30μグラム/立方メートル」や、海外研究者によるレストランなどでの実測例5・4~226・6μグラム/立方メートルなどと比べ異常に数値が高い。厚労省が委託した実験環境に近いと思われる「換気のない喫煙所など」で測定されたニコチン濃度50~500μグラム/立方メートルの約20倍にもなるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る