木戸次郎
著者のコラム一覧
木戸次郎株式評論家

1965年生まれ。明治大学政治経済学部を卒業し、某証券会社に勤務。独立後の2003年に「修羅場のマネー哲学 1億5000万円の借金を9年間で完済した男」(幻冬舎)を出版しベストセラーに。そのほか、「ラストチャンス 日本株は5年で見限れ」(ケイツー出版)など著作多数。

カリスマ投資家厳選 狂乱相場はキャッシュリッチ企業が正解

公開日: 更新日:

紙面でしか読めない連載を“限定”公開

【第1回 3月19日掲載】
 今どんな株を買うべきか――。狂乱の官製相場だとはいえ、うまく利用すれば老後の蓄えにもなる。銘柄選びのポイントは内部留保を多く抱えるキャッシュリッチ企業だ。

 世界的な投資家であるバフェット氏が重要視しているのは、純利益を自己資本で割って求めるROE(株主資本利益率)である。数値が高いほど効率的な経営とされるが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がROE重視を打ち出したことで、一気にクローズアップされた。

 ROEを高める方法は2つある。ひとつは、分子である純利益を増加させること。もうひとつは、配当を増やしたり、自社株買いによって、分母である自己資本を減らす方法だが、自社株買いなどはキャッシュリッチ企業ほど実施しやすい。

 そこで、私は日刊ゲンダイ新春特別号で、キャッシュリッチ企業を狙うべしとし、20銘柄を挙げた。

 きょう(3月19日)終値ベースで14勝6敗。中でもマブチモーター(6592)は年初から35%上昇、ワコム(6727)は30%以上の値上がり。ローム(6963)やシマノ(7309)、小林製薬(4967)、エムスリー(2413)も20%を超える上昇率になっている。この間の日経平均は11・9%アップだから、やっぱりキャッシュリッチ企業を狙うのが正解なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”