木戸次郎
著者のコラム一覧
木戸次郎株式評論家

1965年生まれ。明治大学政治経済学部を卒業し、某証券会社に勤務。独立後の2003年に「修羅場のマネー哲学 1億5000万円の借金を9年間で完済した男」(幻冬舎)を出版しベストセラーに。そのほか、「ラストチャンス 日本株は5年で見限れ」(ケイツー出版)など著作多数。

カリスマ投資家厳選 狂乱相場はキャッシュリッチ企業が正解

公開日: 更新日:

紙面でしか読めない連載を“限定”公開

【第1回 3月19日掲載】
 今どんな株を買うべきか――。狂乱の官製相場だとはいえ、うまく利用すれば老後の蓄えにもなる。銘柄選びのポイントは内部留保を多く抱えるキャッシュリッチ企業だ。

 世界的な投資家であるバフェット氏が重要視しているのは、純利益を自己資本で割って求めるROE(株主資本利益率)である。数値が高いほど効率的な経営とされるが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がROE重視を打ち出したことで、一気にクローズアップされた。

 ROEを高める方法は2つある。ひとつは、分子である純利益を増加させること。もうひとつは、配当を増やしたり、自社株買いによって、分母である自己資本を減らす方法だが、自社株買いなどはキャッシュリッチ企業ほど実施しやすい。

 そこで、私は日刊ゲンダイ新春特別号で、キャッシュリッチ企業を狙うべしとし、20銘柄を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る