アベノミクスに“悪ノリ”で儲けろ カリスマ投資家の厳選銘柄

公開日: 更新日:

 カリスマ投資家として名をはせた木戸次郎氏は「アベノミクスを続けたら日本はボロボロになるだろう」と言う。しかし、ここからが木戸氏らしい。

「そうはいっても、安倍さんは国策で株を上げようとしているわけです。だとしたら、逆らわないで乗ればいい。ただし、東京五輪までには売ることです」

 いや、五輪までもたず、2017年の消費税10%で日本経済はアウトかもしれない。とはいえ、それでもあと2年以上はある。この時期に金儲けを狙うのも悪くはない。そこで木戸氏に挙げてもらったのが別表の銘柄だ。

「アベノミクスで市中にお金をジャブジャブにしても、行き場のないマネーは内部留保という形で企業にとどまっています。企業がため込んでいるうちは経済は回らない。だから、安倍政権は必ず、ここにメスを入れると思います。従業員の給料を上げるか、株主に還元させるか、設備投資させるか。物言う株主が増えている今、お金を寝かせているなんて許されません。その意味で、内部留保が積み上がっていて、なおかつ、株主比率で外国人投資家が多い銘柄は動くのです。安定大株主がいない企業は、TOBやM&Aをかけやすい。狙われた企業は大変ですが、その方が株価は上がります。無借金であれば、なおさらいい。そういう視点で選んだのが表なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る