藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

革新的な環境防災機器 異常気象関連「ポエック」が逆行高

公開日: 更新日:

 先週は、新型コロナウイルスによる影響で延長されていた中国の春節も終わり、上海株式市場の取引が再開されました。

 月曜日(3日)こそ、大幅安で始まったものの、想定の範囲内。患者数は増加しても、過度な悲観が後退、米国の好調な経済指標発表もあり、米国株式を中心に世界株式市場は急反発で堅調相場。ナスダック指数は史上最高値を更新。ドル円も1ドル=108円前半の円高水準から、110円近辺の円安水準まで戻っています。

 マスク関連株は大暴騰から一変、ストップ安が相次ぐ波乱となっていますが、日経平均株価は大幅反発。また、大きく売り込まれてきた新興市場株もリバウンドの動きとなっています。

 今回は新型ウイルスによる下落相場の中で逆行高し、その後の反発相場の中でも堅調を維持している銘柄をご紹介しましょう。ポンプ関連のエキスパート会社で、革新的な環境・防災機器を開発してるポエック(9264、東証ジャスダック=投資金額約30万円)です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る