モバイルエール 橘明日香社長<2>女性起業家のお姉さん的存在

公開日: 更新日:

 橘さんは地元の飲食店を応援する気持ちから、テークアウト・宅配情報サイト「テイクアウト西宮」を無料で制作した。

 ただ、恩恵を受けたのは利用者だけではなかった。それは、自身の子供(下は中学生)のおうち時間が充実したこと。

「ウェブの勉強を兼ねて我が子に編集員になってもらいました。お店の情報を取材したり、サイトを作り込んだり。自分の仕事を知ってもらういい機会になりましたし、学校に行けない間にいいスキルアップができました」

 何事も前向きな橘さんだが、起業家向けの特訓講座も開催している。〈Web活用でピンチに負けないお店になろう〉と題した講座は定員30人がすぐに満席に。参加できなかった人にはPDFの資料やユーチューブに動画をアップし、公開している。

「この仕事を始めて10年が経ちますが、私自身がホームページやSNSをフル活用してきました。集客はもとより、ネット販売もそうです。しかもネットを使えば、ほぼ無料でできちゃいます。家を一軒売ったこともありますから、ネットの力は計り知れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る