都知事選惨敗で闘志に炎 小泉純一郎「脱原発闘争」第2幕へ

公開日: 更新日:

 細川は大惨敗だ。さまざまな妨害や戦略ミスがあったとはいえ、200万票を超えた舛添にダブルスコアをつけられ、95万票。98万票の宇都宮にさえ後塵を拝し、3位に沈んだ。

 告示前、細川陣営は「宇都宮との“準決勝”に勝って、脱原発票の一本化に持ち込み、舛添と互角の戦いをする」ともくろんでいたが、終始、細川と宇都宮はだんご状態。最後まで脱原発票は真っ二つに割れたままという大誤算だった。

 しかし、これで終わりかというと、そうじゃない。細川は敗戦の弁で今後について「志を同じくする人と広く連携し、脱原発活動を広めていく」と言っていた。細川以上に小泉純一郎元首相は「スイッチが入った」状態だ。

「世論調査で細川さんの苦戦が伝えられても、小泉さんのヤル気は最後までまったく衰えないどころか、ますますボルテージが上がっていった」(細川選対関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

もっと見る