高級ホテルでディナー 「安保法制懇」の超ゼータク会議

公開日:  更新日:

 安倍首相の意向に従い、集団的自衛権の行使容認を打ち出した「安保法制懇」。「首相の私的会議」の位置づけだが、毎回、一流ホテルに集まり、ディナーを楽しみながら懇談していたことが分かった。もちろん、全額国民の税金である。

 安保法制懇は13年2月から今年5月までに「懇談会」を7回、「非公式会合」を8回開いている。政府の答弁書によると、「懇談会」の経費は6回までが計307万6631円。「非公式会合」は計371万9631円にのぼる。支出は委員への謝礼にあたる「諸謝金」や「交通費」、茶菓子などの「会議費」や「会場借料」に分かれる。

 軍事問題研究会が情報公開請求した資料からは、戦後堅持してきた平和国家の根幹を揺るがす大テーマを厳しく議論していたとは思えない、ゆる~い雰囲気が伝わってくる。

■事務方もお相伴

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る