• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松島法相もピリピリ…外国人記者クラブは「女性閣僚の鬼門」

 松島みどり法相(58)が26日、東京・有楽町の外国特派員協会に招かれ、講演した。

 外国人記者が松島法相に興味を持ったのはもちろん、その保守的な言動が奇っ怪に映っているからだろう。先日は山谷えり子国家公安委員長が呼ばれている。安倍改造内閣の“目玉”の女性たちは共通して、海外メディアからフシギな目で見られている。

 松島大臣の場合は、死刑制度肯定と性犯罪者には人権がないかのような発言が問題視されている。で、外国人記者らの興味は、「死刑制度」「人権問題」の2つに集中した。

 これに対し、松島大臣は「最新の世論調査の結果では『死刑もやむを得ない』と答えた国民が85・6%となっております」「いま日本で死刑制度廃止を取り上げることはふさわしくないと思う」と表情をこわばらせた。

〈在特会についてどう思うか〉と問われると、「憲法で結社の自由が認められています」「私が良い点、悪い点について判断する材料を持たないので、評価し得ない。わかりません」と、逃げの一手。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る