松島法相もピリピリ…外国人記者クラブは「女性閣僚の鬼門」

公開日: 更新日:

 松島みどり法相(58)が26日、東京・有楽町の外国特派員協会に招かれ、講演した。

 外国人記者が松島法相に興味を持ったのはもちろん、その保守的な言動が奇っ怪に映っているからだろう。先日は山谷えり子国家公安委員長が呼ばれている。安倍改造内閣の“目玉”の女性たちは共通して、海外メディアからフシギな目で見られている。

 松島大臣の場合は、死刑制度肯定と性犯罪者には人権がないかのような発言が問題視されている。で、外国人記者らの興味は、「死刑制度」「人権問題」の2つに集中した。

 これに対し、松島大臣は「最新の世論調査の結果では『死刑もやむを得ない』と答えた国民が85・6%となっております」「いま日本で死刑制度廃止を取り上げることはふさわしくないと思う」と表情をこわばらせた。

〈在特会についてどう思うか〉と問われると、「憲法で結社の自由が認められています」「私が良い点、悪い点について判断する材料を持たないので、評価し得ない。わかりません」と、逃げの一手。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る