「アベ政治を許さない」受賞BGM “AKB版反戦歌”の意味

公開日:  更新日:

 1日に発表された「2015ユーキャン新語・流行語大賞」。選考が当日にもつれ込むほどの接戦だったという今年は、年間大賞に「トリプルスリー」と「爆買い」が選ばれた。

 表彰式でトップテン入りした受賞語がそれぞれ発表となる際、会場には異なるBGMが流れる。今回でいえば「アベ政治を許さない」はAKB48の「僕たちは戦わない」、「一億総活躍社会」にはクマムシの「あったかいんだからぁ」といった具合だ。

 94年の第11回以降、選曲を担当しているのはエレクトーン奏者の高木佳子さん。ご本人いわく、曲選びは「受賞語となる言葉から連想される曲、その言葉が生まれた背景を考えながら行う」と言う。AKB48の「僕たち――」は今年5月のリリース前から曲名や歌詞の内容から“反戦歌”として注目を浴び、しんぶん赤旗でも取り上げられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る