防護柵は地球1周半 貯金感覚なら“鳥獣被害対策”銘柄も?

公開日: 更新日:

 総設置距離は5万9000キロ、地球1周半――農作物の鳥獣被害対策の防護柵は全国にそれだけある。2015年度の設置状況を農水省がまとめた。

 シカやイノシシなどによる農作物の被害が深刻化し、政府も対策に力を入れている。そうした助成も一定の効果を挙げているようで、15年度の農作物被害総額は176億円と、1999年の調査開始以降で最低に。

「助成も含め、鳥獣対策は毎年、当初予算で95億円、補正で10億~30億円が安定的に配分されています」(農水省鳥獣対策室)

 鳥獣対策に悩める地方自治体も予算をつけている。鳥獣被害は簡単に解決する問題ではない。この先50年、100年続く可能性もある。

「言い換えれば、確実なニーズがあるということです。政府や自治体の補助金もあり、手堅いマーケットといえる。たとえば防護柵は『日亜鋼業』『前田工繊』が2強。漁網大手の『日東製網』は漁網の技術を応用し、軽量化した鳥獣防止ネットを製品化。猟銃メーカーでは『ミロク』が挙げられます。対策グッズを販売する『DCM』『コーナン商事』などのホームセンター株にも要注目でしょう」(大手証券会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  6. 6

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  7. 7

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  8. 8

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  9. 9

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  10. 10

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る