防護柵は地球1周半 貯金感覚なら“鳥獣被害対策”銘柄も?

公開日:

 総設置距離は5万9000キロ、地球1周半――農作物の鳥獣被害対策の防護柵は全国にそれだけある。2015年度の設置状況を農水省がまとめた。

 シカやイノシシなどによる農作物の被害が深刻化し、政府も対策に力を入れている。そうした助成も一定の効果を挙げているようで、15年度の農作物被害総額は176億円と、1999年の調査開始以降で最低に。

「助成も含め、鳥獣対策は毎年、当初予算で95億円、補正で10億~30億円が安定的に配分されています」(農水省鳥獣対策室)

 鳥獣対策に悩める地方自治体も予算をつけている。鳥獣被害は簡単に解決する問題ではない。この先50年、100年続く可能性もある。

「言い換えれば、確実なニーズがあるということです。政府や自治体の補助金もあり、手堅いマーケットといえる。たとえば防護柵は『日亜鋼業』『前田工繊』が2強。漁網大手の『日東製網』は漁網の技術を応用し、軽量化した鳥獣防止ネットを製品化。猟銃メーカーでは『ミロク』が挙げられます。対策グッズを販売する『DCM』『コーナン商事』などのホームセンター株にも要注目でしょう」(大手証券会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る