• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

兜町大騒ぎ 米GSが“売り推奨”したトランプ関連銘柄とは?

 米ゴールドマン・サックス(GS)が3月上旬に出したリポートを巡り、兜町は大騒ぎだ。

「ビックリしました。“トランプ関税”に関するリポートでしたが、その中で悪影響を受けそうな銘柄をピックアップしているのです。平たく言えば、株価下落があり得る銘柄群ということです」(市場関係者)

 GSリポートは、米国の売上比率が高く(10%以上)、保護主義の台頭によって業績悪化を招きかねない銘柄をあげた。あわせて、GSが掲げている目標株価(下値余地)を掲載している。

 リポートによると、米国売上比率が30%あるリコーの下値余地(株価)は750円。先週16日は1125円(終値)だったので、下落余地は33%だ。同じく創薬ベンチャーのペプチドリームは27%、電子部品のイビデンは25%、住友ゴム工業と小野薬品工業は23%下落の危険性がある(別表参照)。

「“売り推奨”された企業は気の毒ですが、貿易戦争が起きなければ、下落局面は“買い”となります」(証券アナリスト)

 見方を変えれば、狙い目株ということだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る