• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

兜町大騒ぎ 米GSが“売り推奨”したトランプ関連銘柄とは?

 米ゴールドマン・サックス(GS)が3月上旬に出したリポートを巡り、兜町は大騒ぎだ。

「ビックリしました。“トランプ関税”に関するリポートでしたが、その中で悪影響を受けそうな銘柄をピックアップしているのです。平たく言えば、株価下落があり得る銘柄群ということです」(市場関係者)

 GSリポートは、米国の売上比率が高く(10%以上)、保護主義の台頭によって業績悪化を招きかねない銘柄をあげた。あわせて、GSが掲げている目標株価(下値余地)を掲載している。

 リポートによると、米国売上比率が30%あるリコーの下値余地(株価)は750円。先週16日は1125円(終値)だったので、下落余地は33%だ。同じく創薬ベンチャーのペプチドリームは27%、電子部品のイビデンは25%、住友ゴム工業と小野薬品工業は23%下落の危険性がある(別表参照)。

「“売り推奨”された企業は気の毒ですが、貿易戦争が起きなければ、下落局面は“買い”となります」(証券アナリスト)

 見方を変えれば、狙い目株ということだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る