兜町大騒ぎ 米GSが“売り推奨”したトランプ関連銘柄とは?

公開日:

 米ゴールドマン・サックス(GS)が3月上旬に出したリポートを巡り、兜町は大騒ぎだ。

「ビックリしました。“トランプ関税”に関するリポートでしたが、その中で悪影響を受けそうな銘柄をピックアップしているのです。平たく言えば、株価下落があり得る銘柄群ということです」(市場関係者)

 GSリポートは、米国の売上比率が高く(10%以上)、保護主義の台頭によって業績悪化を招きかねない銘柄をあげた。あわせて、GSが掲げている目標株価(下値余地)を掲載している。

 リポートによると、米国売上比率が30%あるリコーの下値余地(株価)は750円。先週16日は1125円(終値)だったので、下落余地は33%だ。同じく創薬ベンチャーのペプチドリームは27%、電子部品のイビデンは25%、住友ゴム工業と小野薬品工業は23%下落の危険性がある(別表参照)。

「“売り推奨”された企業は気の毒ですが、貿易戦争が起きなければ、下落局面は“買い”となります」(証券アナリスト)

 見方を変えれば、狙い目株ということだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る