• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金融界は革命前夜 メガバンクも人工知能に仕事を奪われる

 人工知能(AI)は今、急速な勢いで普及を始めている。人手不足で苦しむ企業にとっては救世主だが、都心で働くサラリーマンの生活を一変させるかもしれない。

 製造業では、AIを使ったスマート工場が人手不足を解消すると注目されている。流通業界は、AIを使った無人店舗(無人レジ)に心血を注ぎ、ローソンはすでに中国で「無人店舗決済」の実証実験を進めている。

 金融界も“AI革命”だ。三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のメガバンクは、昨年3・2万人規模の人員削減を明らかにし、高い人件費による高コスト構造を解消するとした。店舗の統廃合を加速するほか、AIの積極的な導入を検討している。

 富国生命は、これまでマンパワーだけに依存してきたコールセンターや審査業務でAIを活用し始めた。


 野村証券やみずほ証券はAIを活用したトレーディングで、より的中率の高いトレーディングを目指しているが、日本の証券会社に先立ちAIトレーディングを導入したゴールドマン・サックスは600人いた値付け業務のトレーダーが、いまではわずか数人になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る