• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米ツイッター株価20%減のナゼ…広がるSNSへの不信感も

 米「ツイッター」の株価が急落して話題になっている。27日のNY株式市場では前日比8.82ドル安の34.12ドルまで下げ、20%以上の下落だった。ツイッターの4~6月期決算の純利益は1億11万ドル(約110億円)と3四半期連続で黒字を確保。売上高は前年同期比24%増の7億1054万ドルだった。

 業績好調なのに株価が急落したのは、同社が偽アカウントなどの不正利用対策を進め利用者数が減少し、失望売りが膨らんだため。そのため今年4~6月期の世界の月間利用者数は3億3500万人で、1~3月期に比べて100万人減った。

「怪しいアカウントを削除し健全化するのだから、本来は株価が上がるはずですが、ツイッターやフェイスブック(FB)のようなSNS全体が今、不安視されているのです」と言うのはITジャーナリストの山口健太氏だ。実際、26日のNY市場ではFBの株価が19%近く下落した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る