米ツイッター株価20%減のナゼ…広がるSNSへの不信感も

公開日: 更新日:

 米「ツイッター」の株価が急落して話題になっている。27日のNY株式市場では前日比8.82ドル安の34.12ドルまで下げ、20%以上の下落だった。ツイッターの4~6月期決算の純利益は1億11万ドル(約110億円)と3四半期連続で黒字を確保。売上高は前年同期比24%増の7億1054万ドルだった。

 業績好調なのに株価が急落したのは、同社が偽アカウントなどの不正利用対策を進め利用者数が減少し、失望売りが膨らんだため。そのため今年4~6月期の世界の月間利用者数は3億3500万人で、1~3月期に比べて100万人減った。

「怪しいアカウントを削除し健全化するのだから、本来は株価が上がるはずですが、ツイッターやフェイスブック(FB)のようなSNS全体が今、不安視されているのです」と言うのはITジャーナリストの山口健太氏だ。実際、26日のNY市場ではFBの株価が19%近く下落した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る