ゴーン保釈不許可も…クーデター失敗で続く日産の暗中模索

公開日: 更新日:

 電撃逮捕から53日。会社法違反の特別背任容疑で東京拘置所に身柄を置かれている日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の勾留期限が11日、切れた。

 東京地検特捜部は金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)での起訴に続き、特別背任罪で追起訴。証券取引等監視委員会は10日 、2018年3月期までの3年間の有報に役員報酬を計約42億円少なく記載したとして、金商法違反でゴーン前会長と日産らを追加告発した。

 追起訴を受けてゴーン被告は保釈請求したが、認められる可能性は低い。弁護人を務める元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士が「初公判まで保釈が認められないケースが多い」と言った通り、容疑を全面否認する限り、身柄拘束はほぼ解かれないからだ。

■日産幹部は「視界真っ黒」

 特捜部に駆け込み、司法取引までしてゴーン被告を売った日産サイドは、この展開にホッと胸をなでおろしていることだろう。勾留理由開示手続きで持論をとうとうと述べ上げていたように、ゴーン被告は自由に発言する機会を得れば、何を言い出すか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る