景気後退局面か 東証大引け430円安=NYダウ4日続落を受けて

公開日: 更新日:

 7日のニューヨーク株式相場は、世界的な景気減速への懸念から4日続落した。ダウ平均は前日終値比200.23ドル安の2万5473.23ドルで終了した。

 欧州中央銀行(ECB)が7日の定例理事会で年内の利上げを断念し、早くても2020年以降に先送りする方針を決定したことが影響した。ECBは、同時に19年のユーロ圏の成長率予測を前回(昨年12月)の1.7%から1.1%に下方修正。欧州の景気不安から世界経済の減速懸念が再燃し、ダウは午前中に一時320ドル下落した。

 米市場の下げを受け、8日の東京株式市場は続落して始まった。後場の日経平均株価は前日比430円45銭安の2万1025円56銭と大幅に4日続落して引けた。

 内閣府は7日、1月の景気動向指数(速報値)を発表し、景気が既に後退期に入った可能性が高いことを示す「下方への局面変化」に基調判断を引き下げた。1月に達成したという「戦後最長の景気拡大」とやらも「幻」だった可能性が高く、安倍首相もいよいよアベノミクス終焉を認めざるを得ないのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る