管理野球とチームプレーを持ち込んだ 監督・川上哲治の「実像」と「功罪」

公開日:  更新日:

「打撃の神様」「V9監督」として知られた川上哲治元監督が28日、老衰のため亡くなった。93歳。「弾丸ライナー」「赤バット」の愛称で親しまれ、戦前戦後を通じてバットマンとして活躍。監督に就任すると昭和40年から9年連続日本一の空前絶後の偉業を達成した。プロ野球にチームプレー、管理野球を持ち込み、日本の近代野球の基礎を築いたといわれる。その戦い方は後のチームや監督に大きな影響を与えた。監督・川上の実像は、その功罪は何だったのか。

<「今のプロ野球は川上野球が原点>

「川上監督以前のプロ野球は打つ、投げるという選手個々の力、能力に頼る野球でした。それを川上監督は守備の大事さやチームプレー、フォーメーション、投手の分業とか、今のプロ野球が当たり前のこととしてやっていることを取り入れた。組織として戦う野球、日本の近代野球の基礎を築いたと言っても過言ではありません。とはいっても川上監督の現役時代はそんな野球とは無縁。それで当時(昭和36年)、スポーツ紙の評論で『巨人は打つだけ。守りはできていない』などと鋭く批判していた中日OBの評論家・牧野茂氏をコーチとして招聘(しょうへい)。牧野コーチは大リーグのドジャースに留学。本場のチームプレーを巨人に導入したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る