管理野球とチームプレーを持ち込んだ 監督・川上哲治の「実像」と「功罪」

公開日:  更新日:

「打撃の神様」「V9監督」として知られた川上哲治元監督が28日、老衰のため亡くなった。93歳。「弾丸ライナー」「赤バット」の愛称で親しまれ、戦前戦後を通じてバットマンとして活躍。監督に就任すると昭和40年から9年連続日本一の空前絶後の偉業を達成した。プロ野球にチームプレー、管理野球を持ち込み、日本の近代野球の基礎を築いたといわれる。その戦い方は後のチームや監督に大きな影響を与えた。監督・川上の実像は、その功罪は何だったのか。

<「今のプロ野球は川上野球が原点>

「川上監督以前のプロ野球は打つ、投げるという選手個々の力、能力に頼る野球でした。それを川上監督は守備の大事さやチームプレー、フォーメーション、投手の分業とか、今のプロ野球が当たり前のこととしてやっていることを取り入れた。組織として戦う野球、日本の近代野球の基礎を築いたと言っても過言ではありません。とはいっても川上監督の現役時代はそんな野球とは無縁。それで当時(昭和36年)、スポーツ紙の評論で『巨人は打つだけ。守りはできていない』などと鋭く批判していた中日OBの評論家・牧野茂氏をコーチとして招聘(しょうへい)。牧野コーチは大リーグのドジャースに留学。本場のチームプレーを巨人に導入したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る