女子バレー ブラジルに完敗も…12年ぶり「銅」の価値

公開日: 更新日:

<グラチャンバレー女子>

 昨夏のロンドン五輪に次ぐ栄誉を手にした。17日に閉幕したバレーボールのグランドチャンピオンズカップ(大陸王者決定戦)で3位に入った日本の女子代表である。

 この日はロンドン五輪金メダルで世界ランク1位のブラジルの高さとスピードに苦戦。結局、0―3で敗れたものの、01年以来12年ぶりの銅メダルを獲得した。

 五輪の翌年は各国とも代表チームの編成を見直し、若返りに着手。今大会では若手を積極的に起用し、国際舞台での経験を積ませている。仕上がりもいまひとつで、特に世界選手権を連覇中のロシアは、主要な国際大会で代表経験の少ない選手を集めて臨んでいるほど。日本が敗れた米国にしても故障者が続出、満足に選手を招集できなかったという。

 今回はライバル、特に世界女王であるロシアの不調にも救われたとはいえ、16年のリオ五輪に向けて好スタートを切ったといえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る