• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子バレー ブラジルに完敗も…12年ぶり「銅」の価値

<グラチャンバレー女子>

 昨夏のロンドン五輪に次ぐ栄誉を手にした。17日に閉幕したバレーボールのグランドチャンピオンズカップ(大陸王者決定戦)で3位に入った日本の女子代表である。

 この日はロンドン五輪金メダルで世界ランク1位のブラジルの高さとスピードに苦戦。結局、0―3で敗れたものの、01年以来12年ぶりの銅メダルを獲得した。

 五輪の翌年は各国とも代表チームの編成を見直し、若返りに着手。今大会では若手を積極的に起用し、国際舞台での経験を積ませている。仕上がりもいまひとつで、特に世界選手権を連覇中のロシアは、主要な国際大会で代表経験の少ない選手を集めて臨んでいるほど。日本が敗れた米国にしても故障者が続出、満足に選手を招集できなかったという。

 今回はライバル、特に世界女王であるロシアの不調にも救われたとはいえ、16年のリオ五輪に向けて好スタートを切ったといえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る