頭の中は「ソチ金」より「平昌五輪」…キム・ヨナが背負う重圧

公開日: 更新日:

 今季限りでの引退を表明している女子フィギュアスケートの金妍児(キムヨナ)(23)が出場する韓国選手権が3日開幕。「女王」が滑る国内最後の大会はチケットも完売だ。このキムと浅田真央(23)との対決が注目されているソチ五輪。実は連覇が注目されるキムの視線は「その先」にあるそうだ。

 バンクーバー五輪で頂点に立ったキムは、10年の世界選手権から翌年の同大会まで1年間実戦を離れた。さらに11―12年シーズンも全試合を欠場。「その間、一度は引退を決意した」ともいわれている。

 ある現地記者が言う。
「あの時は<父親が多額の不動産投資に失敗したから引退を撤回>との噂も流れた。キムがカネのために滑るのなら、11年の世界選手権(2位)で得た賞金(約220万円)を日本で起きた大惨事(東日本大震災)の被災者のために寄付などしない。昨年も台風30号で甚大な被害を受けたフィリピン支援に10万ドル(約1000万円)をユニセフ(国連児童基金)に寄付した。彼女は毎年、韓国の貧困や難病の子どもたちの支援も続けている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る