今夜NZ戦 注目はポスト長谷部、内田めぐる“覇権”争い

公開日: 更新日:

 4日は「ブラジルW杯開幕戦(6月12日)までジャスト100日」のメモリアルデー。5日のニュージーランド(NZ)戦に臨む日本代表はMF本田圭佑(27)、DF酒井高徳(22)、GK川島永嗣(30)が欧州から合流。午後4時半からの練習で汗を流した。

 今回、ザッケローニ監督は“飛車角落ち”メンバーで戦わざるを得ない。主将MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)が故障で戦列を離れ、特に復帰まで2カ月かかる長谷部は「W杯本番でプレーできるか不透明」(サッカー専門誌記者)という状態。つまり、主軸組が外れたNZ戦は、控え組にとって主軸を追い落とす千載一遇のチャンスなのだ。

 サッカージャーナリストの六川亨氏が「切羽詰まっていた昨年12月のオランダ戦(2―2)、ベルギー戦(3―2)の前と状況が似ている」と続ける。


「ザッケローニ監督は選手起用、采配ともにオーソドックスなタイプです。ところが昨年10月の欧州遠征2連敗でシリに火が付き、オランダ戦、ベルギー戦ともMF山口蛍がボランチで先発。オランダ戦では大黒柱MF遠藤とペアを組んだ。あとベルギー戦では左SBに酒井高が、右SBに酒井宏が先発起用され、フレッシュなメンバーが強豪と互角の戦いを見せた。ケガの功名ですが、ポスト長谷部、内田に誰が名乗りを上げるのか?非常に興味深いところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る