今夜NZ戦 注目はポスト長谷部、内田めぐる“覇権”争い

公開日: 更新日:

 4日は「ブラジルW杯開幕戦(6月12日)までジャスト100日」のメモリアルデー。5日のニュージーランド(NZ)戦に臨む日本代表はMF本田圭佑(27)、DF酒井高徳(22)、GK川島永嗣(30)が欧州から合流。午後4時半からの練習で汗を流した。

 今回、ザッケローニ監督は“飛車角落ち”メンバーで戦わざるを得ない。主将MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)が故障で戦列を離れ、特に復帰まで2カ月かかる長谷部は「W杯本番でプレーできるか不透明」(サッカー専門誌記者)という状態。つまり、主軸組が外れたNZ戦は、控え組にとって主軸を追い落とす千載一遇のチャンスなのだ。

 サッカージャーナリストの六川亨氏が「切羽詰まっていた昨年12月のオランダ戦(2―2)、ベルギー戦(3―2)の前と状況が似ている」と続ける。


「ザッケローニ監督は選手起用、采配ともにオーソドックスなタイプです。ところが昨年10月の欧州遠征2連敗でシリに火が付き、オランダ戦、ベルギー戦ともMF山口蛍がボランチで先発。オランダ戦では大黒柱MF遠藤とペアを組んだ。あとベルギー戦では左SBに酒井高が、右SBに酒井宏が先発起用され、フレッシュなメンバーが強豪と互角の戦いを見せた。ケガの功名ですが、ポスト長谷部、内田に誰が名乗りを上げるのか?非常に興味深いところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  5. 5

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  9. 9

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  10. 10

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

もっと見る