スイングは「イチ・ニ」の2拍子

公開日:  更新日:

 素振りのときはどこにも力が入らずに、クラブがスムーズに振れる。ゆったりとバックスイングして、左肩に向かって伸び伸びとクラブヘッドが振り切れて、フィニッシュでバランスよく立つことができる。

 ところが球を打つときになると、一変してボールを打ちにいって上体が出ていったり、体を早く回そうとして左腰が引けて後ろに下がるようにして打っている人も多い。この違いは一体どこからきているのだろう。

 奥田靖己プロを取材したときに言われたことを思い出す。
「素振りのときは体のこともスイングのことも何も気にしないで、クラブヘッドを振ることしか考えていない。だから腕を突っ張ったり体に力が入ることもなく、ヘッドが丸く振れてヘッドスピードも出る。ところがボールがあると、飛ばしたい、曲げたくないと結果が気になり、それにはどうしようかと、体の使い方やスイングの仕方も気になり、肝心のクラブヘッドを振ることができなくなってしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る