日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スイングは「イチ・ニ」の2拍子

 素振りのときはどこにも力が入らずに、クラブがスムーズに振れる。ゆったりとバックスイングして、左肩に向かって伸び伸びとクラブヘッドが振り切れて、フィニッシュでバランスよく立つことができる。

 ところが球を打つときになると、一変してボールを打ちにいって上体が出ていったり、体を早く回そうとして左腰が引けて後ろに下がるようにして打っている人も多い。この違いは一体どこからきているのだろう。

 奥田靖己プロを取材したときに言われたことを思い出す。
「素振りのときは体のこともスイングのことも何も気にしないで、クラブヘッドを振ることしか考えていない。だから腕を突っ張ったり体に力が入ることもなく、ヘッドが丸く振れてヘッドスピードも出る。ところがボールがあると、飛ばしたい、曲げたくないと結果が気になり、それにはどうしようかと、体の使い方やスイングの仕方も気になり、肝心のクラブヘッドを振ることができなくなってしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事