スイングは「イチ・ニ」の2拍子

公開日: 更新日:

 素振りのときはどこにも力が入らずに、クラブがスムーズに振れる。ゆったりとバックスイングして、左肩に向かって伸び伸びとクラブヘッドが振り切れて、フィニッシュでバランスよく立つことができる。

 ところが球を打つときになると、一変してボールを打ちにいって上体が出ていったり、体を早く回そうとして左腰が引けて後ろに下がるようにして打っている人も多い。この違いは一体どこからきているのだろう。

 奥田靖己プロを取材したときに言われたことを思い出す。
「素振りのときは体のこともスイングのことも何も気にしないで、クラブヘッドを振ることしか考えていない。だから腕を突っ張ったり体に力が入ることもなく、ヘッドが丸く振れてヘッドスピードも出る。ところがボールがあると、飛ばしたい、曲げたくないと結果が気になり、それにはどうしようかと、体の使い方やスイングの仕方も気になり、肝心のクラブヘッドを振ることができなくなってしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る