左サイドの壁は左足ツマ先がキー

公開日: 更新日:

「左サイドの壁」という言葉がレッスン書にはよく出てくる。左サイドに壁がないとヘッドスピードを出せないので、ボールを遠くへ飛ばすことはできないといわれている。

 トップからダウンスイングに切り返すときは左足を踏み込むようにして始動する。と同時に左のひざと腰を構えた位置に戻しながら振り抜いていくわけだが、そのとき左腰が引けると左サイドは崩れてしまう。

 昔、中村寅吉プロは「左足の親指の爪を立てるようにして地面をギュッと掴んで振り抜け」と言った。

 寅さんの最後の内弟子といわれる丸山智弘プロは研修生のころ、よく土の上から裸足で練習させられたと言っている。

 裸足で少しでも左足がずれてツマ先が開いたりすると、アイアンで足を叩かれたこともあるという。
「裸足で地面に爪を立てるようにして振り抜くと左ひざもしっかりする。これなら左腰が引けることもないので、左サイドがしっかりする。左足がしっかりすれば左のひざや腰を意識しなくても左サイドに壁ができる」(丸山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る