• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左サイドの壁は左足ツマ先がキー

「左サイドの壁」という言葉がレッスン書にはよく出てくる。左サイドに壁がないとヘッドスピードを出せないので、ボールを遠くへ飛ばすことはできないといわれている。

 トップからダウンスイングに切り返すときは左足を踏み込むようにして始動する。と同時に左のひざと腰を構えた位置に戻しながら振り抜いていくわけだが、そのとき左腰が引けると左サイドは崩れてしまう。

 昔、中村寅吉プロは「左足の親指の爪を立てるようにして地面をギュッと掴んで振り抜け」と言った。

 寅さんの最後の内弟子といわれる丸山智弘プロは研修生のころ、よく土の上から裸足で練習させられたと言っている。

 裸足で少しでも左足がずれてツマ先が開いたりすると、アイアンで足を叩かれたこともあるという。
「裸足で地面に爪を立てるようにして振り抜くと左ひざもしっかりする。これなら左腰が引けることもないので、左サイドがしっかりする。左足がしっかりすれば左のひざや腰を意識しなくても左サイドに壁ができる」(丸山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る