• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左サイドの壁は左足ツマ先がキー

「左サイドの壁」という言葉がレッスン書にはよく出てくる。左サイドに壁がないとヘッドスピードを出せないので、ボールを遠くへ飛ばすことはできないといわれている。

 トップからダウンスイングに切り返すときは左足を踏み込むようにして始動する。と同時に左のひざと腰を構えた位置に戻しながら振り抜いていくわけだが、そのとき左腰が引けると左サイドは崩れてしまう。

 昔、中村寅吉プロは「左足の親指の爪を立てるようにして地面をギュッと掴んで振り抜け」と言った。

 寅さんの最後の内弟子といわれる丸山智弘プロは研修生のころ、よく土の上から裸足で練習させられたと言っている。

 裸足で少しでも左足がずれてツマ先が開いたりすると、アイアンで足を叩かれたこともあるという。
「裸足で地面に爪を立てるようにして振り抜くと左ひざもしっかりする。これなら左腰が引けることもないので、左サイドがしっかりする。左足がしっかりすれば左のひざや腰を意識しなくても左サイドに壁ができる」(丸山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る