• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左サイドの壁は左足ツマ先がキー

「左サイドの壁」という言葉がレッスン書にはよく出てくる。左サイドに壁がないとヘッドスピードを出せないので、ボールを遠くへ飛ばすことはできないといわれている。

 トップからダウンスイングに切り返すときは左足を踏み込むようにして始動する。と同時に左のひざと腰を構えた位置に戻しながら振り抜いていくわけだが、そのとき左腰が引けると左サイドは崩れてしまう。

 昔、中村寅吉プロは「左足の親指の爪を立てるようにして地面をギュッと掴んで振り抜け」と言った。

 寅さんの最後の内弟子といわれる丸山智弘プロは研修生のころ、よく土の上から裸足で練習させられたと言っている。

 裸足で少しでも左足がずれてツマ先が開いたりすると、アイアンで足を叩かれたこともあるという。
「裸足で地面に爪を立てるようにして振り抜くと左ひざもしっかりする。これなら左腰が引けることもないので、左サイドがしっかりする。左足がしっかりすれば左のひざや腰を意識しなくても左サイドに壁ができる」(丸山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る