• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クラブがゆっくり下りてくるのを待つ

■打ち急がない

 シニアツアーを取材に行っていると、レギュラー時代より1インチから1インチ半ぐらいドライバーのシャフトを長くしたというプロが多い。

 昨年、全米シニアプロ選手権で優勝した井戸木鴻樹プロは47インチのドライバーにしてから15ヤードぐらい飛距離が伸びたと言っている。

 ドライバーのシャフトを長くした場合、どんなことに注意してスイングしているのだろうと聞いてみると、井戸木は「打ち急がないように、ヘッドが下りてくるのを待ってやらないといけない」と言っている。

 ダウンスイングは「左ひざから」あるいは「左腰から」といわれているけれど、1インチでもシャフトを長くした場合は「体が早くならないように、クラブが下りてくるのを待つようにして振り抜いていかないとタイミングが合わない」というのだ。シニアツアーを取材に行ったとき、聞いてみると、どのプロも同じようなことを言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る