クラブがゆっくり下りてくるのを待つ

公開日: 更新日:

■打ち急がない

 シニアツアーを取材に行っていると、レギュラー時代より1インチから1インチ半ぐらいドライバーのシャフトを長くしたというプロが多い。

 昨年、全米シニアプロ選手権で優勝した井戸木鴻樹プロは47インチのドライバーにしてから15ヤードぐらい飛距離が伸びたと言っている。

 ドライバーのシャフトを長くした場合、どんなことに注意してスイングしているのだろうと聞いてみると、井戸木は「打ち急がないように、ヘッドが下りてくるのを待ってやらないといけない」と言っている。

 ダウンスイングは「左ひざから」あるいは「左腰から」といわれているけれど、1インチでもシャフトを長くした場合は「体が早くならないように、クラブが下りてくるのを待つようにして振り抜いていかないとタイミングが合わない」というのだ。シニアツアーを取材に行ったとき、聞いてみると、どのプロも同じようなことを言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  6. 6

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る