日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左手親指はグリップセンター

正しいストロンググリップ

 昔はスクエアグリップでないとプロは大成しないといわれていた。それが今は、世界のトッププレーヤーの間でもストロンググリップが主流になっている。

 ドライバーはチタンの大型ヘッドになり、シャフトも長くなっているので、体で振り切っていくにはストロンググリップのほうがよいといわれている。左手をかぶせ気味にグリップしたほうが手に頼らずに、体で振り切っていけるというのだ。

 ストロンググリップならダウンスイングを下半身でリードし、体の回転で振り切ってもフェースが開く心配はまずないので、一般アマチュアには特によいとされている。

 ただし左手をかぶせた場合、左手の親指をシャフトのセンターからはずし、横(右側)にあてがっている人がアマチュアには多いので、これでは左手を強く使うことはできないと言うプロが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事