左手親指はグリップセンター

公開日:  更新日:

正しいストロンググリップ

 昔はスクエアグリップでないとプロは大成しないといわれていた。それが今は、世界のトッププレーヤーの間でもストロンググリップが主流になっている。

 ドライバーはチタンの大型ヘッドになり、シャフトも長くなっているので、体で振り切っていくにはストロンググリップのほうがよいといわれている。左手をかぶせ気味にグリップしたほうが手に頼らずに、体で振り切っていけるというのだ。

 ストロンググリップならダウンスイングを下半身でリードし、体の回転で振り切ってもフェースが開く心配はまずないので、一般アマチュアには特によいとされている。

 ただし左手をかぶせた場合、左手の親指をシャフトのセンターからはずし、横(右側)にあてがっている人がアマチュアには多いので、これでは左手を強く使うことはできないと言うプロが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る