日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手団712人で4億円は五輪以上 アジア大会派遣費水膨れ

 つぎ込む費用は五輪をも上回っている。19日に開幕するアジア大会(韓国・仁川)のことだ。

 今大会の日本選手団はメダル獲得数の目標を前回10年の中国・広州大会に匹敵する50個前後とし、五輪で実施する全28競技でのメダル量産を目指している。「五輪競技はできれば韓国に金メダル数で勝ちたい」とは高田裕司総監督だ。

 アジア大会の選手派遣費用はバカにならない。02年の韓国・釜山大会が約2億6000万円。06年ドーハ(カタール)は長距離の移動経費がかさみ5億3000万円。720人の選手を派遣した広州大会は、派遣費用が約4億円に達した。今大会には712人を派遣する予定で、費用は前回と同様に4億円近くに達する見込みだ。

 同じアジアの中国で行われた08年北京五輪は570人を送り、派遣費用は2億4500万円。アジア大会で実施されるのは36競技。五輪よりも競技数が多いとはいえ、日本オリンピック委員会(JOC)は五輪に比べてレベルが低いアジア大会に国民の血税を使い過ぎではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事