五輪に逆行し肥大するアジア大会 「仁川で最後に」の声

公開日: 更新日:

 競泳、柔道と連日、日本勢によるメダルラッシュに沸くアジア大会(韓国・仁川)。開催国の韓国に中国も交えて三つ巴のメダル争いが繰り広げられる中、アジアの祭典に危機が叫ばれている。

 主催するアジアオリンピック評議会(OCA)の方針から、アジア大会は回を重ねるごとに肥大化してきた。前回2010年の広州大会は史上最多の42競技を実施し、開催費用に約2兆700億円をつぎ込んだ。正式競技を削減するなど、五輪のスリム化を図る国際オリンピック委員会(IOC)と逆行する運営方法にアジア各国の五輪委員会から異論が噴出。肥大化に歯止めをかけるため、今大会は6競技を減らしたとはいえ、それでも施設建設費を含めた開催費用は約2300億円だ。莫大な財政負担を強いられるため、開催に二の足を踏む都市は少なくないという。

■日本選手団の派遣費用は4億円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る