• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪に逆行し肥大するアジア大会 「仁川で最後に」の声

 競泳、柔道と連日、日本勢によるメダルラッシュに沸くアジア大会(韓国・仁川)。開催国の韓国に中国も交えて三つ巴のメダル争いが繰り広げられる中、アジアの祭典に危機が叫ばれている。

 主催するアジアオリンピック評議会(OCA)の方針から、アジア大会は回を重ねるごとに肥大化してきた。前回2010年の広州大会は史上最多の42競技を実施し、開催費用に約2兆700億円をつぎ込んだ。正式競技を削減するなど、五輪のスリム化を図る国際オリンピック委員会(IOC)と逆行する運営方法にアジア各国の五輪委員会から異論が噴出。肥大化に歯止めをかけるため、今大会は6競技を減らしたとはいえ、それでも施設建設費を含めた開催費用は約2300億円だ。莫大な財政負担を強いられるため、開催に二の足を踏む都市は少なくないという。

■日本選手団の派遣費用は4億円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る