錦織決勝進出ならず 王者ジョコビッチにフルセットで敗れる

公開日:  更新日:

 男子テニス「ATPツアー・ファイナル」(英ロンドン・O2アリーナ)のシングルス準決勝で、B組2位の錦織圭(24=日清食品)が大会3連覇を狙うA組1位のノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)と対戦、1-6、6-3、0-6のフルセットで敗れ、今大会初出場での決勝進出を逃した。

 第1セットはジョコビッチが錦織を圧倒。第4ゲームと第6ゲームで錦織のサービスをブレークし、わずか23分で奪った。

 錦織は第2セットも第1ゲームからブレークされる苦しい立ち上がり。ところが、ジョコビッチが第2ゲームをダブルフォールトを犯し今大会初めてブレークを許すと、錦織は第8ゲームも得意のフォアハンドショットを決めてブレークに成功。このセットを6-3で奪い返し、決着をファイナルセット持ち込む。

 ファイナルセットは、立ち上がりから錦織がジョコビッチを追い込み、先にブレークポイントを握るも、凌いでキープに成功したジョコビッチが第2ゲームから年間1位の強さを発揮しはじめ、その後は錦織のサービスゲームをすべてブレーク。最後は錦織のダブルフォールトで、今季の戦いを終えた。

 試合時間は1時間27分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る