B・ワトソンも…来日有名ゴルファーが“急失速”するワケ

公開日:  更新日:

 三井住友VISAマスターズ(静岡・太平洋C御殿場C=7246ヤード・パー72)の目玉といえば、誰だってバッバ・ワトソン(36)とわかる。初日首位タイ、2日目は1打差2位と上位につけ、「さすがマスターズチャンプは違う」とファンをワクワクさせた。

 ところが3日目に77をたたいて急降下。終わってみれば24位タイと、ビッグネームなのに期待外れもいいところだ。最終日も3連続バーディーを奪った直後の14番パー4で2打目が池につかまりダブルボギー。最終18番ではたった1メートル弱のバーディーパットを決められないなど、メジャー覇者らしからぬ凡プレーに観客からはため息の連続だった。

「あまりいい日ではなかった。いい時があれば悪い時もある。日程が合えばまた日本に戻ってきたい」(ワトソン)

 直前のWGC─HSBC選手権(中国・上海)に勝って賞金1億6100万円を手にしたばかり。それに比べれば今大会V賞金の3000万円ではやる気が出なかったということか。獲得賞金126万円を全額ポーンと寄付したところは立派だが、カネに困っていないワトソンはなぜこの大会の出場を決めたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る