B・ワトソンも…来日有名ゴルファーが“急失速”するワケ

公開日:  更新日:

 三井住友VISAマスターズ(静岡・太平洋C御殿場C=7246ヤード・パー72)の目玉といえば、誰だってバッバ・ワトソン(36)とわかる。初日首位タイ、2日目は1打差2位と上位につけ、「さすがマスターズチャンプは違う」とファンをワクワクさせた。

 ところが3日目に77をたたいて急降下。終わってみれば24位タイと、ビッグネームなのに期待外れもいいところだ。最終日も3連続バーディーを奪った直後の14番パー4で2打目が池につかまりダブルボギー。最終18番ではたった1メートル弱のバーディーパットを決められないなど、メジャー覇者らしからぬ凡プレーに観客からはため息の連続だった。

「あまりいい日ではなかった。いい時があれば悪い時もある。日程が合えばまた日本に戻ってきたい」(ワトソン)

 直前のWGC─HSBC選手権(中国・上海)に勝って賞金1億6100万円を手にしたばかり。それに比べれば今大会V賞金の3000万円ではやる気が出なかったということか。獲得賞金126万円を全額ポーンと寄付したところは立派だが、カネに困っていないワトソンはなぜこの大会の出場を決めたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る