バブリンカ全仏制覇 ジョコビッチを強力ショットで下す

公開日: 更新日:

 悲願のグランドスラムは持ち越しとなった。

 テニスの全仏オープン最終日は7日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)は同9位、第8シードのS・バブリンカ(スイス)に6-4、4-6、3-6、4-6で敗れた。

 今大会に勝てば史上8人目の生涯グランドスラム達成となるジョコビッチは、全仏で過去6戦全敗だったナダル(スペイン)を準々決勝で破った。誰もが、「4大大会制覇の達成は堅い」と思った。バブリンカとの対戦成績は17勝3敗。大きくリードしていたが、この日は大苦戦。ウイナー(決定打)は30に対しバブリンカは約2倍の59。エースも9本を決められ、パワフルショットに屈した。

 全仏初優勝で賞金180万ユーロ(約2億5100万円)を手にしたバブリンカは28歳で昨年の全豪を制し、グランドスラムは2勝目。183センチ、81キロ。230キロ超の高速サーブが最大の武器だ。

▽バブリンカのコメント
「人生でベストのテニスができた。(優勝は)まだ信じられない。ジョコビッチと決勝で戦うのは最大のチャレンジだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」