• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブリンカ全仏制覇 ジョコビッチを強力ショットで下す

 悲願のグランドスラムは持ち越しとなった。

 テニスの全仏オープン最終日は7日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)は同9位、第8シードのS・バブリンカ(スイス)に6-4、4-6、3-6、4-6で敗れた。

 今大会に勝てば史上8人目の生涯グランドスラム達成となるジョコビッチは、全仏で過去6戦全敗だったナダル(スペイン)を準々決勝で破った。誰もが、「4大大会制覇の達成は堅い」と思った。バブリンカとの対戦成績は17勝3敗。大きくリードしていたが、この日は大苦戦。ウイナー(決定打)は30に対しバブリンカは約2倍の59。エースも9本を決められ、パワフルショットに屈した。

 全仏初優勝で賞金180万ユーロ(約2億5100万円)を手にしたバブリンカは28歳で昨年の全豪を制し、グランドスラムは2勝目。183センチ、81キロ。230キロ超の高速サーブが最大の武器だ。

▽バブリンカのコメント
「人生でベストのテニスができた。(優勝は)まだ信じられない。ジョコビッチと決勝で戦うのは最大のチャレンジだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る