• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブリンカ全仏制覇 ジョコビッチを強力ショットで下す

 悲願のグランドスラムは持ち越しとなった。

 テニスの全仏オープン最終日は7日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)は同9位、第8シードのS・バブリンカ(スイス)に6-4、4-6、3-6、4-6で敗れた。

 今大会に勝てば史上8人目の生涯グランドスラム達成となるジョコビッチは、全仏で過去6戦全敗だったナダル(スペイン)を準々決勝で破った。誰もが、「4大大会制覇の達成は堅い」と思った。バブリンカとの対戦成績は17勝3敗。大きくリードしていたが、この日は大苦戦。ウイナー(決定打)は30に対しバブリンカは約2倍の59。エースも9本を決められ、パワフルショットに屈した。

 全仏初優勝で賞金180万ユーロ(約2億5100万円)を手にしたバブリンカは28歳で昨年の全豪を制し、グランドスラムは2勝目。183センチ、81キロ。230キロ超の高速サーブが最大の武器だ。

▽バブリンカのコメント
「人生でベストのテニスができた。(優勝は)まだ信じられない。ジョコビッチと決勝で戦うのは最大のチャレンジだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る