日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無計画でドンブリ勘定…「新国立」はバブルのハコモノと化す

「約束を果たすため、国には引き続き努力をお願いしたい」

 1日のIOC調整委員会との合同会議でエラソーに言ったのが、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(77)だ。

 IOCのバッハ会長から「新国立競技場の建設問題は7月末のIOC総会の前にはまとめてくれ」と言われたばかり。森会長にすれば、「早期解決のためには何をしてもいい」というお墨付きに聞こえたのだろう。2520億円に膨れ上がり、各所から非難されている新国立競技場の建設費用を見直すどころか、「いいから早く造れ」ときた。

 同じ1日には遠藤利明五輪担当大臣が、「せっかく造る施設だから、環境や暑さ対策を含めて技術は最高水準。世界に伝わっていくような建物であってほしい」と森会長に追随するようなコメントを出した。65歳の遠藤氏は中大、森会長は早大と学校は違えど、共にラグビー部出身。親分子分の関係で、森会長の発言に遠藤氏が合わせたのは明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事