• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天に19失点も 日ハムは“歴史的大敗”でも痛くも痒くもない

投稿日:  更新日:

 見るも無残な試合だった。22日、楽天相手に歴史的大敗を喫した日本ハムのことである。

 先発の浦野が初回から乱調。二塁打と2四球で無死満塁のピンチを作ると、直後から適時打や犠飛、楽天・伊志嶺の3ランなどもあって5失点を許した。結局、二回以降も楽天の猛攻に遭い、今季両リーグワーストの19失点という屈辱的なボロ負けで3連敗を喫した。

 これにはさすがの栗山監督も、「あきらめないで何とかしようとしたが、本当に申し訳ない」と平謝り。なす術がなかったナインも言葉少なに球場を後にしたが、チームにとっては痛くも痒くもない大敗だろう。

 野球はサッカーとは違い、得失点差は関係ない。何点差で負けようが1敗は1敗だ。さらに言えば、1点差試合や延長戦での惜敗はチームに重苦しい雰囲気を残すが、これだけ点を取られての敗戦ならむしろ気持ちの切り替えは早い。日本ハムは若手主体のチーム。一晩寝れば、吹っ切れるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る