• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

屈辱の東アジア杯 噛み合わなかった川又と永井に釜本氏苦言

コラム【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

 東アジア杯を振り返ってみる。3試合目の中国戦で1勝を挙げたことに加え、内容的にも見るべきものが、なでしこジャパンにはあった。

 男子の場合、2分け1敗と未勝利に終わり、しかも内容的にも不満が残った。個々の選手を見渡しても、大会通算2ゴールで得点王(というのも寂しい数字だ)になったMF武藤雄樹(26)の奮闘が目立ったくらい。他の選手で「日本代表のレギュラー争いに食い込める」と思わせた選手はいなかった。いずれにしても武藤にしか一縷の望みを託せない状況自体、ハリル日本代表の行く末が心配になってくる。

「日本代表」というチームのあり方を消化し切れていない選手もいた。中国戦に先発したFW川又堅碁(25)、永井謙佑(26)は名古屋のチームメートだ。所属クラブでは、それなりのコンビプレーを見せているが、東アジア杯では結果を残せなかった。なぜか? 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る