屈辱の東アジア杯 噛み合わなかった川又と永井に釜本氏苦言

公開日:  更新日:

コラム【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

 東アジア杯を振り返ってみる。3試合目の中国戦で1勝を挙げたことに加え、内容的にも見るべきものが、なでしこジャパンにはあった。

 男子の場合、2分け1敗と未勝利に終わり、しかも内容的にも不満が残った。個々の選手を見渡しても、大会通算2ゴールで得点王(というのも寂しい数字だ)になったMF武藤雄樹(26)の奮闘が目立ったくらい。他の選手で「日本代表のレギュラー争いに食い込める」と思わせた選手はいなかった。いずれにしても武藤にしか一縷の望みを託せない状況自体、ハリル日本代表の行く末が心配になってくる。

「日本代表」というチームのあり方を消化し切れていない選手もいた。中国戦に先発したFW川又堅碁(25)、永井謙佑(26)は名古屋のチームメートだ。所属クラブでは、それなりのコンビプレーを見せているが、東アジア杯では結果を残せなかった。なぜか? 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る