トライ数世界記録の大畑大介さんが語る松尾雄治さんの“粋”

公開日: 更新日:

 18日から開催されるラグビーW杯のイングランド大会。代表試合通算トライ数69の世界記録を持つ大畑大介さんは、世界の“レジェンド”のひとりとして開会式に参加する。その大畑さんがラグビー選手として憧れ、人生の先輩として目標にしているのは70~80年代、ラグビー界のスーパースターだった松尾雄治さんだ。

 生まれ育った大阪の下町では、周りはみんな野球少年。僕は同じことをするのが苦手で、野球と違うことで周りを振り向かせたいと思っていました。そんな時一番近くにあったのがラグビー。オヤジがやっていたからで、ほかの親子が野球のナイター中継を見るような感覚で、オヤジとラグビーを見て育ったんです。

 小学校3年でラグビーを始めた頃に、新日鉄釜石が7連覇。その時にスタンドオフとして活躍していた雄治さんの存在が際立って見えました。どのプレーに感動したとか、技術がどうというより、国立競技場の大観衆の中にいる雄治さんの存在に幼いながらにオーラを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る