トライ数世界記録の大畑大介さんが語る松尾雄治さんの“粋”

公開日:  更新日:

 18日から開催されるラグビーW杯のイングランド大会。代表試合通算トライ数69の世界記録を持つ大畑大介さんは、世界の“レジェンド”のひとりとして開会式に参加する。その大畑さんがラグビー選手として憧れ、人生の先輩として目標にしているのは70~80年代、ラグビー界のスーパースターだった松尾雄治さんだ。

 生まれ育った大阪の下町では、周りはみんな野球少年。僕は同じことをするのが苦手で、野球と違うことで周りを振り向かせたいと思っていました。そんな時一番近くにあったのがラグビー。オヤジがやっていたからで、ほかの親子が野球のナイター中継を見るような感覚で、オヤジとラグビーを見て育ったんです。

 小学校3年でラグビーを始めた頃に、新日鉄釜石が7連覇。その時にスタンドオフとして活躍していた雄治さんの存在が際立って見えました。どのプレーに感動したとか、技術がどうというより、国立競技場の大観衆の中にいる雄治さんの存在に幼いながらにオーラを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る