• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トライ数世界記録の大畑大介さんが語る松尾雄治さんの“粋”

 18日から開催されるラグビーW杯のイングランド大会。代表試合通算トライ数69の世界記録を持つ大畑大介さんは、世界の“レジェンド”のひとりとして開会式に参加する。その大畑さんがラグビー選手として憧れ、人生の先輩として目標にしているのは70~80年代、ラグビー界のスーパースターだった松尾雄治さんだ。

 生まれ育った大阪の下町では、周りはみんな野球少年。僕は同じことをするのが苦手で、野球と違うことで周りを振り向かせたいと思っていました。そんな時一番近くにあったのがラグビー。オヤジがやっていたからで、ほかの親子が野球のナイター中継を見るような感覚で、オヤジとラグビーを見て育ったんです。

 小学校3年でラグビーを始めた頃に、新日鉄釜石が7連覇。その時にスタンドオフとして活躍していた雄治さんの存在が際立って見えました。どのプレーに感動したとか、技術がどうというより、国立競技場の大観衆の中にいる雄治さんの存在に幼いながらにオーラを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る