トライ数世界記録の大畑大介さんが語る松尾雄治さんの“粋”

公開日: 更新日:

 18日から開催されるラグビーW杯のイングランド大会。代表試合通算トライ数69の世界記録を持つ大畑大介さんは、世界の“レジェンド”のひとりとして開会式に参加する。その大畑さんがラグビー選手として憧れ、人生の先輩として目標にしているのは70~80年代、ラグビー界のスーパースターだった松尾雄治さんだ。

 生まれ育った大阪の下町では、周りはみんな野球少年。僕は同じことをするのが苦手で、野球と違うことで周りを振り向かせたいと思っていました。そんな時一番近くにあったのがラグビー。オヤジがやっていたからで、ほかの親子が野球のナイター中継を見るような感覚で、オヤジとラグビーを見て育ったんです。

 小学校3年でラグビーを始めた頃に、新日鉄釜石が7連覇。その時にスタンドオフとして活躍していた雄治さんの存在が際立って見えました。どのプレーに感動したとか、技術がどうというより、国立競技場の大観衆の中にいる雄治さんの存在に幼いながらにオーラを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る