• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビー日本にボーナスPの壁 前代未聞「3勝1敗」で敗退危機

 優勝候補筆頭の南アフリカ(南ア=世界ランク5位)相手に歴史的な勝利を収めた日本(同12位)。4日後の23日にはスコットランド(同9位)相手に10-45と大敗。事前に決まっていたこととはいえ、中3日の過密日程に最後は息切れし、後半に入って5トライを許す惨敗だった。

 1次リーグB組は全5チームが2試合ずつを終え、1位は2勝のスコットランドで勝ち点10。1勝1敗で同7点の南アが2位につけている。

 日本は勝ち点4でサモアと並んでいるが、得失点差で4位という状況だ。

 今後の日本はどうなるのか。

 日本は10月3日にサモア(同11位)、11日に米国(同16位)と戦う。サモアは過去に2度の8強入り(91、95年)を果たしているチームだ。FW、BKとも伝統的に能力の高い選手が揃っているとはいえ、個々の力に頼り、攻守とも組織的なプレーは不得手だ。下馬評では「日本有利」がささやかれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事