“孝行娘”大山志保が首位に1打差 地元で最終戦Vチャンス

公開日:  更新日:

【ツアー選手権リコーカップ】

 地元宮崎出身の大山志保(38)が2日目を終えて首位と1打差3位の好位置につけた。

 本大会は2005年、13年の2勝と会場を知り尽くし、「地元の皆さんを盛り上げたいし、自分も一緒に盛り上がりたい。ミスしても自分に腹が立たない」とリラックスしている。

 今季2勝目が視野に入るが、大山の目標は来年のリオ五輪出場だ。

 日刊ゲンダイがインタビューした時も、「目標を達成するまで私のプロ人生は続きます。リオ五輪が終わったら自分のためにも結婚を考えてみます」と語っていた。

 結婚より五輪が優先なのだ。個人タクシーを営む父親のために新車を買ったり、賞金を東日本大震災の被災地に送ったりと女子ツアーには珍しく奇特なプロゴルファー。ツアー最終戦ぐらい日本人プロの優勝で締めくくって欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る