星野氏のダメ出しに…G由伸監督“大きなお世話”のチクリ

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸監督(40)が6日、都内で行われた「東京六大学野球連盟結成90周年記念祝賀会」に立大OBの巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(79)、楽天の星野仙一球団副会長(68)らと出席。集まった約1500人の前でのトークショーで星野副会長から「彼(高橋監督)は40歳で若いというけど、私は39歳で監督を命じられた。現役からすぐ監督というのは、今まで仲間だったもんだから、命令口調も難しいだろう。まあ、しっかりやれ!」とゲキを飛ばされた。

 これに隣の高橋監督は「正直、(監督就任が)ちょっと早いかなと思いましたが、先輩方に助けてもらってしっかりと務めたい。若いなりのよさを出して巨人軍の歴史をつくりたい」と呼応。続けて「何でもかんでも押しつけられるというのは、時代に合っていないのかなと思う。(選手の)意思を尊重しながら個性を出していくことが今の選手に合っているのかなと思っている」と持論を展開するや、星野副会長にこうクギを刺された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る