またダメ押しも白鵬ケロリ 平幕力士に劣る土俵上の非常識

公開日: 更新日:

 この横綱の辞書に「恥」という言葉はないらしい。

 白鵬(31)は先場所、ダメ押しで巻き込んだ井筒審判部副部長(当時)に全治3カ月の重傷を負わせた。怒り心頭の審判部は白鵬を叱責。白鵬も「申し訳ありません」と謝罪したばかりだった。

 それが舌の根も乾かぬうちに、またダメ押しだ。初顔合わせの正代へのコールが湧き起こったのが面白くなかったのだろう。立ち合いで強烈な張り手を食らわすと、右に変化。体勢を崩した正代を押し出し、さらにトドメとばかりに土俵下に突き飛ばしたのだ。

 ダメ押しは観客を巻き込みかねない危険な行為。この日は師匠の宮城野親方(元平幕竹葉山)が向正面で解説をしていたが、それすら白鵬は気にしていない。

 それに比べると、恥というものを知っていたのが平幕の宝富士(29)だ。大関琴奨菊に立ち合い変化で勝ったものの、NHKのインタビューでは「(立ち合い変化は)初めてです。まともにいっても勝てないので。本当はやらない方がいいんですけど……すいません」と、バツが悪そうにしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る