“伝説の右”で世界王座 上原康恒さんは沖縄料理店のシェフに

公開日:  更新日:

 よみがえりつつあるボクシング人気。とはいえ、世界タイトルマッチといえばテレビのゴールデンタイムで放映された70~80年代の熱気には遠く及ばない。そんなアツい時代、人気を集めたボクサーの一人に上原康恒さん(66)がいた。完全アウェーの米国・デトロイトで世界屈指の技巧派として鳴らしたサムエル・セラノにKO勝ちし、WBA世界スーパーフェザー級チャンプに就いた。上原さん、今どうしているのか。

「いらっしゃい。おひとり? だったら、カウンターにどうぞ」

 都営大江戸線西新宿五丁目駅から歩いて7分。東大付属中学に近い3階建てマンションの2階にある創作沖縄料理店「チャンピオン」を訪ねると、エプロン姿の上原さんがいた。

「今年2月27日にオープンしてね。オレがシェフをやってるんだ。味? 任せておけって。軽井沢で『YMテニスガーデン』ってレンタルテニスコート&沖縄料理店を34年やってきた実績があるんだから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る