課題のパットが絶不調…宮里藍は後半崩れ初日1オーバー

公開日: 更新日:

【全米女子プロ選手権】

「ボールが飛ぶ人にも、飛ばない人にも難しいセッティング」

 メジャー会場特有のタフな設定を警戒していた宮里藍(30)。イン発進の初日は11番パー5で3打目をピンそば1.5メートルにつけてバーディー先行。

 あとは、「欲を出さずにどうやってパーセーブするか」という事前のプラン通りじっと我慢のプレーが続いた。

 1アンダーで折り返して3番パー4で2つ目のバーディーを奪うとリーディングボード上位に顔を出した。

 そこで気が緩んだわけではないだろうが、続く4番、5番と連続ボギーをたたくと、7番パー4では2打目がガードバンカーにつかまり、脱出は6メートルと寄らない。パーパットは右に大きく切れるスライスライン。これを打ちきれず1メートルもショートするとボギーパットも外して3パット、痛恨のダブルボギーだった。3番までの貯金を吐き出して、さらにオーバーパーへとスコアを崩してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る