課題のパットが絶不調…宮里藍は後半崩れ初日1オーバー

公開日:  更新日:

【全米女子プロ選手権】

「ボールが飛ぶ人にも、飛ばない人にも難しいセッティング」

 メジャー会場特有のタフな設定を警戒していた宮里藍(30)。イン発進の初日は11番パー5で3打目をピンそば1.5メートルにつけてバーディー先行。

 あとは、「欲を出さずにどうやってパーセーブするか」という事前のプラン通りじっと我慢のプレーが続いた。

 1アンダーで折り返して3番パー4で2つ目のバーディーを奪うとリーディングボード上位に顔を出した。

 そこで気が緩んだわけではないだろうが、続く4番、5番と連続ボギーをたたくと、7番パー4では2打目がガードバンカーにつかまり、脱出は6メートルと寄らない。パーパットは右に大きく切れるスライスライン。これを打ちきれず1メートルもショートするとボギーパットも外して3パット、痛恨のダブルボギーだった。3番までの貯金を吐き出して、さらにオーバーパーへとスコアを崩してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る